自分のスタイルに合う転職エージェントとは

 

営業職で転職を考えている場合、どのようにして転職エージェントを選ぶと良いのでしょうか。

 

新潟在住の方に最も合う転職エージェントを見つけるには、まずはあなたがどんなスタイルで転職活動をしたいかをはっきりさせる必要があります。

 

転職エージェントのなかには、転職先の紹介にあたって、コンサルタントと頻繁に面談をしたり、電話でのやりとりを多くする場所と、コンサルタントとは基本的にメールでのやりとりばかりで、転職希望者への干渉度が低い場所があります。

 

もしあなたが、現在営業職をしており現職を続けながら転職先を見つけたい場合、外回り等も多く、あまり電話に出られなかったり、面談の時間を取るのが難しいこともあると思います。その場合は、コンサルタントとの話し合い時間を取られない、干渉度の低いエージェントがお勧めです。

 

一方、転職が初めてだったり、現職を退職し転職活動に専念したいという場合は、しっかりと面談や相談の時間を持ってくれる転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

 

2つ以上の転職エージェントを活用しよう!

 

転職エージェントを複数登録することをお勧めする理由としては、紹介される企業の種類が増えることが挙げられます。営業として転職を考えている場合、転職先の業種が前職と同じか、違うかも考えて転職先を探すものです。

 

当初、営業職として同業他社のみへの転職を考えていたのに、他の業種でも営業職としての自分の能力を発揮出来そうな企業があるということに、転職エージェントを通して知ることもあります。

 

新潟にある複数のエージェントに登録しておけば、自分の向いている業界を違う視点で探してもらえるので、転職先の選択肢が増え、自分の可能性が増えるといえます。

 

信頼できる転職エージェントはどこ?

 

さて、転職エージェントを利用して転職する場合、エージェントにはどのくらい信頼を置くと良いのでしょうか。

 

転職エージェントは通常、依頼者の希望する企業へ依頼者の履歴書を送り、書類審査を通過してから依頼者が面接に行くことが出来るよう調整するものです。

 

書類を送り、依頼者を企業に推薦する際のコンサルタントのテクニックももちろん大切ですが、最終的には面接や審査を直接受ける依頼者本人の力にかかっているわけです。

 

営業職として転職する場合、コンサルタント本人に過去に営業職としての職歴があったり、コンサルタントが営業職の人の転職を多く成功させているという実績があったりすると、その信頼度は高いといえます。

 

また、「営業職の転職に特化している」とうたっている転職エージェントでも、営業職の転職をスムーズにさせてくれる可能性があります。

 

しかし、結局のところ転職を希望する本人の力量に企業は一番注目しているものです。エージェントに頼り過ぎず、自分のスキルを磨き、自分で自分を上手くアピールすることで転職を叶えましょう。

 

お勧めの転職エージェントのタイプ

 

営業職としての転職を考える人のなかには、現職も営業職である人と、現職は営業以外の職種についている人がいるかと思います。

 

もし、次の職を営業職として転職を考えているが、現在は営業職ではないという人の場合、これまでの仕事での経験がいかに営業職に活かすことが出来るかをアピールする必要があります。

 

そのような人は、社会人経験が長くとも、営業職の経験が無いなら営業職としては新人になるわけです。そのため、転職のノウハウを細かく指導してくれる、サポート力のある転職エージェントに相談することをお勧めします。初めて転職する人のサポートに向いているエージェントでも良いかと思います。

 

既に営業職である人の場合は、営業職に必要なアピールポイントを理解していることも多いので、営業職としての転職の基礎知識をおしえてくれるというよりは、営業職としてキャリアアップを見込むことが出来る仕事を紹介してくれるエージェントがお勧めです。

 

転職に慣れた人、あるいはキャリアアップを重視する転職エージェントに登録するのも良いのではないでしょうか。

 

転職のミスマッチを防ぐには?

 

転職エージェントを使い転職する時、自分のイメージと違う企業を勧められたり、面接に行くと企業側のニーズに自分が合っていないといった「ミスマッチ」が起こらないようにしたいものです。

 

そのミスマッチを防ぐには、転職エージェントのコンサルタントとの面談の際に、自分の経歴や転職先に求める条件を包み隠さず話すことが大切です。

 

経歴を偽ることはもちろん許されませんが、自分が次の職場に求める環境(新潟県内など)や給与額等も遠慮せずにしっかり伝えましょう。

 

営業職への転職を希望する人なら、「どのような案件で○○円の利益をつくった」や「○○円の売り上げ目標を達成した」といった、見て分かり易い具体的な数字の含まれる経歴を伝えると、コンサルタントも企業へのアピールがし易くなります。

 

そして、企業の審査が進むうえで重要なのは、企業に対して疑問に感じたことは何でも質問しておくということです。これは面接時に自分で企業の面接官に直接尋ねるのも良いですが、転職エージェントが仲介となり依頼人の替わりに質問をしてくれ、後日企業からの返答をおしえてくれることも多いので、ご自分に合ったやり方を選ぶと良いでしょう。